異なるプレッシャーを感じる派遣

自由に仕事を選んで働けるという魅力があるのが派遣看護師であり、その噂を聞いて常勤から転職する人もいます。子育てを終えてからの再就職でもしばしば選ばれるようになった働き方ですが、現場に出てみると今までにないプレッシャーに驚くことがよくあるのも特徴です。
慣れ親しんだ職場では立ち位置がよく分かるため、過ごしやすいでしょう。しかし、派遣看護師になると派遣先ごとに自分の立ち位置を考え直さなければならなくなります。

基本的に病院側は即戦力になる人材を確保するための手段として派遣を利用していることが多いため、立ち位置を考えるよりもまずは仕事で成果を上げ続けなければならないというプレッシャーがあります。そこまでは覚悟している人も多いですが、柔軟に働くことが求められるのに苦労する看護師も少なくないのです。看護師が不足している現場の仕事を任されて、適切にこなすということが求められやすいのが派遣看護師であり、短期間の従事であったとしてもいくつもの現場で異なる仕事に携わる場合もあります。
そのような現場に投入されると、常にプレッシャーを感じて働かなければならなくなってしまうのです。しかし、同じ職場で安定して働ける場合もあるので、全ての場合に柔軟な対応が求められるわけではありません。あちこちで人材が不足している職場の場合には現場を転々としなければならなくなり、柔軟に働ける能力が求められる点は知っておくといいでしょう。