スキルアップの際に感じることも

看護師として活躍する上で重要になるのがスキルアップであり、現場で働くことを通してスキルを身につけるだけでなく、職場の外へ自分で学びにいく人もいるでしょう。スキルアップを行うことで現場で活躍できる機会が増えていき、やりがいのある仕事に携われる可能性が高くなるのが魅力です。
しかし、活躍したいという気持ちから、自主的にスキルアップを行えばいいとは限りません。職場によっては、スキルアップに対して強いプレッシャーがある場合もあります。少しでも多くの実用的なスキルを持っている看護師を確保したいという職場もあるからです。

典型的なのが先端医療を担っている大きな病院であり、他の病院では扱えないような症例の患者を抱えているからこそ、それに特化したスキルを身につけることが望まれています。初期の教育の時点からスキルアップの必要性について指導を受ける場合も多く、基本的な考え方として自分のスキルを磨くというのが浸透していることもよくあるのです。
初期教育が行われることでプレッシャーを感じないまま、いつの間にかスキルアップを目指しているという看護師もいます。しかし、要求が高い職場も多いため、仕事にも勉強にもプレッシャーを感じながら努力を続けなければならなくなることもよくあるのです。それによって看護師として働くやりがいを見出せる人もいるのが事実であり、長く働いていきたいという人にとってはプラスになることも多いでしょう。世の中にはプレッシャー対策ができそうな参考サイトもありますので、プレッシャーをプラスに持っていけない人は一度見てみるといいかもしれませんね。