仕事において感じるプレッシャー

看護師という職業は人の命にとても重要な役割を果たしていく仕事であるため、常にプレッシャーを感じながら働く人がほとんどです。看護師が辞めたいと思う理由の1つに、医療事故の不安が挙げられます。
その多くの人が抱えているプレッシャーは、病院で働く看護師が不足していることが大きく関係してきています。これらのプレッシャーを乗り越えるためには、いくつかの心得があります。

まず始めに、プレッシャーを感じてしまう最も大きな理由である不安を取り除く必要があります。自分のスキルに自信をつけるためにも、納得できるまで何度も練習を繰り返さなければいけません。次に事前練習をすることがとても重要なポイントになります。例えば患者に処置をする際、前もって練習をしておくことで急なトラブルを解消することができるのです。そして最後には、やはり経験を積み重ねることです。新人の内は何もかもが初めての状況のため、どうしてもプレッシャーは感じてしまいます。
先輩の看護師も新人の頃は同じように多くの不安を感じてきていますが、経験を重ねると共に状況にも慣れてくるものです。そのため、そのプレッシャーを多く経験することにより、看護師としてより一層成功していけます。そして、先輩の働き方をよく見て、尊敬できる部分はその働き方を真似して自分のものへとしていきましょう。誰もが通る道なので、プレッシャーを感じても気にせずに前に進んでいくことが大切です。